おもてなしの心を持つ

上司や来賓など、多くのイベントには自分より上の立場の方が参加するものです。
その際には、席次というものを理解しておくと配慮の出来る人間として認知されることでしょう。
席次の基本は、上座と下座です。

 

上座とは原則的に入り口から最も遠い場所を示します。
お招きした来賓や上司には、こういった席についていただくのが一般的です。
反対に、下座には幹事や主催者が座ります。

 

貸切スペースを押さえるときは、こうした席次が分かりやすい場所を選ぶと会の始まりをスムーズに迎えることが出来ます。
イベント会場によってはこれが分かりにくい場合がありますので、事前の確認が不可欠なのです。
わかりにくい場所だとしても、慌てる必要はありません。

 

上座に座ってほしい方が会場に着いたら、こちらにお座りくださいという風に案内すれば良いのです。
貸切スペースのスタッフと事前に連絡を取っておくことで、こうした案内を頼むのも良いでしょう。
上座と下座が決まってしまえば、後の席はくじ引きで決めるのも1つの方法です。

 

自由に座ってもらうと、ついつい仲の良い人たちで固まってしまいますよね。
くじ引きは席を無作為に決定してくれますから、今まで話したことのない方との交流も生まれます。
立食形式のイベントに席次は存在しません。

 

しかし、ずっと立っていると疲れてしまう方が必ず出てきます。
そんな方が休息出来るようなスペースを設けておくことを忘れないようにしましょう。
目に見えないおもてなしの心を抱くことが、参加者に心地よく過ごしてもらうためのポイントなのです。

 

幹事として利用するならクーポンがお得なこちらのお店もおすすめです。https://r.gnavi.co.jp/23bed20y0000/