幹事が知っておきたいチョットした知恵

飲み会の幹事を任されて悩む人は多いようですが、
このサイトではそうした人のために、
スムーズに飲み会の幹事を務める上での心得を紹介しましょう。
幹事の具体的な取組み内容や手順などは、ネット上の情報を参照ください。

 

1つ目は「経験者に聞くこと」です。
経験者は「あのようにすれば、
このようにすればよかった」といった最高の情報を提供してくれます。

 

2つ目は「協力者をまき込むこと」です。
幹事の任務を一緒に進める協力者をまき込みます。
協力者には企画・準備・会計、
また当日の協力者として「司会進行役(男女のペア)」と
「飲み会の盛上げ役」を手配することも重要です。

 

3つ目は「会場を下見すること」です。
店の下見と担当者との打ち合わせは当然ですが、
さらに重要なことは宴会を行う時間帯に訪問しての
「店の雰囲気と料理の下見」です。
問題があれば会場変更が必要です。
渋谷駅から近い居酒屋なら、仕事帰りに下見に立ち寄るときも便利でしょう。

 

4つ目は「会費を事前徴収すること」です。
スムーズに飲み会を開始するためには、
参加対象者に日時・会場を書面で案内する際に
会費徴収日も伝えておいて事前徴収します。

 

5つ目は「座席をクジ引きで決めること」です。
日頃は席順にうるさい人も飲み会の場合は意外と寛容です。
男女混合で座れるようなクジ、テーブルだけを決めるクジなどで座席を決めます。

 

6つ目は「締め方を工夫すること」です。
協力者とアイディアを出し合って、
手打ちではない締め方を工夫してみましょう。

 

7つ目は「二次会のアタリをつけておくこと」です。
二次会会場は宴会会場の近くの店でアタリを付けておきます。
なお二次会の会場は、
「カラオケ店」「居酒屋」希望者が圧倒的に多いようです。