幹事の心得記事一覧

最近の若者は気の置けない仲間とは飲み会に出掛けることはあっても、職場の同僚や上司と飲み会に出掛けることは非常に少なくなってきました。ところが忘年会や新年会、歓送迎会や仕事の打上げなど宴会・飲み会を開く職場では、必ずといっていいほど幹事の役割は若手にお鉢が回ってくるものです。初めて飲み会の幹事を任された人のために、このサイトでは幹事が最低限知っておきたい心得を列挙して紹介します。まず「日程決定」です...
飲み会の幹事を任されて悩む人は多いようですが、このサイトではそうした人のために、スムーズに飲み会の幹事を務める上での心得を紹介しましょう。幹事の具体的な取組み内容や手順などは、ネット上の情報を参照ください。1つ目は「経験者に聞くこと」です。経験者は「あのようにすれば、このようにすればよかった」といった最高の情報を提供してくれます。2つ目は「協力者をまき込むこと」です。幹事の任務を一緒に進める協力者...
会社の忘年会の幹事になってしまい、その忘年会は盛り上がらず失敗してしまった。そんな経験がある人も、少なくないでしょう。では失敗の原因は、何なのでしょうか?もちろん、選んだ居酒屋の料理の味がイマイチだった、お店選びに失敗したという人もいるでしょう。幹事としての自分の段取や、仕切りが上手くできなかった事が、敗因という場合もあります。他にも、反省点はいろいろ気づくかもしれませんが、1番の要因は不慣れだっ...
忘年会の幹事になって、お店選びから、当日の進行まで、滞りなくすませる事ができた。と、ここで安心してはいけません。忘年会の後には、二次会があります。そして基本的に二次会専門の幹事なんて用意していません。そのまま忘年会の幹事が、二次会の幹事にもなるわけです。では二次会の幹事の心得を、紹介したいと思います。まず、理解したいのは、一次会の幹事より、二次会の幹事の方が、難易度が高くなるという点です。なぜなら...
幹事力を1番問われるのは、お店選びだと言えるでしょう。お店の料理や、お酒の種類、雰囲気、料金など、全てを考慮した上で、お店は選ばなければいけません。貸し切り可能な居酒屋やバーも増えてきているので、選択肢が多すぎて余計にお店選びが難しくなっています。では何を基準にお店を選べば、失敗しないのか、お店選びのポイントを紹介していきます。まず、多くの人に参加してもらうために、参加しやすい場所で選びましょう。...
上司や来賓など、多くのイベントには自分より上の立場の方が参加するものです。その際には、席次というものを理解しておくと配慮の出来る人間として認知されることでしょう。席次の基本は、上座と下座です。上座とは原則的に入り口から最も遠い場所を示します。お招きした来賓や上司には、こういった席についていただくのが一般的です。反対に、下座には幹事や主催者が座ります。貸切スペースを押さえるときは、こうした席次が分か...
幹事の仕事の大部分は、イベント前の準備に集約されます。しかし、当日に行うべき仕事を怠ると、擦れだけで評価が下がりかねないので注意しましょう。まずは、会場となっている貸切スペースにいち早く駆け付け、会場のスタッフと密な連携を取りましょう。司会進行を幹事が行うなら、その打ち合わせも必須です。参加者が会場へ来る時間になったら、入り口に立ち出席者の確認作業に入ります。開始時間までに来られなかった方との連絡...