二次会の幹事の心得

忘年会の幹事になって、お店選びから、当日の進行まで、滞りなくすませる事ができた。
と、ここで安心してはいけません。
忘年会の後には、二次会があります。
そして基本的に二次会専門の幹事なんて用意していません。
そのまま忘年会の幹事が、二次会の幹事にもなるわけです。
では二次会の幹事の心得を、紹介したいと思います。

 

まず、理解したいのは、一次会の幹事より、二次会の幹事の方が、難易度が高くなるという点です。
なぜなら、一次会よりも人数が減り、残ったメンバー顔ぶれをみて、
臨機応変に適したお店を選ぶ必要があるからです。
誰が二次会に参加するのか、当日にならないと分かりません。
そのため、いくつかのパターンを想定して、お店の候補を選んでおきましょう。
また二次会は、料金に対しても一次会よりも、シビアになります。

 

なぜなら一次会ですでに会費を支払って、さらにかかる出費だからです。
なので、二次会は、一次会から近い場所で、
コストパフォーマンスのいいお店を探しておく必要があります。

 

二次会の参加者は、二次会を告知するタイミングによって、人数が大きく変わってきます。
多くの人に参加してもらいたい場合は、一次会の早いタイミングで告知します。
逆に人数を減らしたい場合は、一次会の遅いタイミングで、告知します。
そして告知の際に、二次会は有志で、少数精鋭でという言葉を使うのもポイントです。

 

大変な幹事を頑張ったわけですから、幹事自身にも役得を用意しておきましょう。
親しくなりたい相手に、サポートをお願いすると、話す機会が増え、自然と親しくなれるかもしれません。

 

二次会でおすすめな居酒屋、たくみ 五反田店